本文へスキップ

どんな枕も合わない人なら理解、納得できる枕

「首が痛くて眠れない」、「肩こり、頭痛が酷い」、どんな枕も合わないため不快な思いをさせられたり、苦しんでいる方なら理解、納得できる枕、それが頚椎保護枕(けいついほごまくら)です。
従来の枕のいい加減な理論と構造、そして形状は、体調不良の元凶になります。
「自分に合う枕が欲しい」、「もう枕で悩みたくない」、切実な願いを叶える枕は、たった一つしか現存しません。
 

枕

構造が違う! 理論が違う!

枕

抜群のフィット感、抜群の心地よさ

従来の枕、オーダーメイド枕は頭と首をしっかりと支える構造になっていないため、本当のフィット感と本当の優しさを体感することはできません。
又、枕の強烈な反発力は首の痛み、ストレートネック、頭痛、肩こり、首こり、頚椎症、頚椎ヘルニア、しびれ、めまい、吐き気等の原因になりますが、優しい枕で改善することができます。


病気にかかる枕と病気を治す枕

普段何気なく使っている枕に、とんでもない秘密が隠されていた。
病気にかかる枕と、病気を治す枕、その違いは一体何か?

枕によって病が引き起こされている事を知る人は少ないのではないでしょうか。
日常使用している枕が、体調不良の原因になるなんて信じられないと思う人は、良く考えてみてください。
当然のことですが、頭と首を支える為に枕をします。
所が、頭にも首にも大切な血管や神経が沢山通っています。
たった一箇所でも神経が遮断されたり、血管が破れてしまったら一大事。
そんな大切な頭と首を支える枕には数多くの種類があり、それぞれの枕はそれなりの考え方に基づいて作られたものです。
良い言葉で表せば特長と表現されますが、その特長が実は欠陥であったとしたなら本当に恐ろしいことです。

枕を考案する者のレベルは低い

山程ある枕の中から快適な睡眠を得ることが出来る枕を探すことは、不可能と言っても過言ではありません。
どんどん新しい素材が開発され、又、形状も工夫された物が次々に市場に送り出されているのに、何十年も枕で悩んでいる方は少なくありません。
このことは枕の種類の問題ではなく、枕を考案する側に問題がある為で、この先、星の数ほどの枕が開発されようと恐らく満足の行く枕に出合う確率はゼロに等しいと言わざるを得ません。
ズバリ、それだけレベルが低いのです。
考案者のレベルが低すぎるからです。

究極の枕

今、当ホームページをご覧の方は、生涯二度と目にすることはないであろう貴重な商品と出合うチャンスを手に入れたことをご記憶ください。
現在は必要がなくても、不慮の事故や加齢によって発症する首の病気、首の痛み、又、肩こり、頭痛に備える為にも当ホームページが役立つことと確信・自負しております。
当サイトは粗悪な枕が横行する中、究極の枕を追求し完成させた奇跡的とも思える枕を知って頂きたいために作成しました。
枕が齎す危険な病から逃れる為にも是非ご一考ください。



合わない枕は危険

枕が合わないと熟睡できず、寝不足から弊害が生じます。必ず自分に合った枕を使うようにしましょう。
どんな枕でも眠れる人と、枕が替わると中々寝付けなくなる人がいます。自分専用の枕でなければ駄目な人は、旅先にもMy枕を持参するほどです。
又、未だに自分に合う枕が見つからず、悩む人は大勢います。快適な寝覚めを得るためには枕も重要なアイテムの一つなのです。
十分に寝ているはずなのに頭がボーッとしてスッキリしない、怠い、疲れる、日中に眠くなる等の症状が出たら危険信号、直ぐに枕を交換しましょう。
爽やかな寝覚めは活力源となり、素敵な一日を約束してくれます。勿論、重大な病気が隠れているかもしれませんので、病院・医院で受診することも忘れずに。

枕の使い方

枕は頭と首の両方を乗せるのが正しい使い方です。頭だけ乗せる使用方法は間違い、痛みの原因になりますのでご注意ください。又、気が付いたら枕から頭が外れていたり、無意識の内に枕を放り出す等の動作がある場合は、枕自体が合っていないのかもしれません。
枕には頭、首がぐらついて不安定にならないように、無理なくしっかり支える役目があり、それが理想の枕でもあります。
 

商売が最優先、消費者はどうでも良い

枕で体調を整えるためには、それなりの裏付けが必要となります。
確証があるはずもないのに、さも理に適ったように見せ掛けるでたらめな理論が、枕難民を増やしていることを知らない某整形外科医、何の根拠も無くブームに便乗して次から次へと欠陥商品を世に送り出す企業の体質、あなたは未だ気が付きませんか?


このページの先頭へ