本文へスキップ

頸椎保護枕(けいついほごまくら)


頚椎保護枕は特許取得の優しい枕です。
独自の理論と構造が、抜群のフィット感と心地よさを実現。

頚椎保護枕(けいついほごまくら)は、首と頚椎を優しくしっかりと支えるように工夫された枕なので、肩こり、頭痛で悩んでいる方や、タオル、バスタオルを代用している方でも安心してご使用いただける頚椎用の枕です。


従来の枕、オーダーメイド枕を超越した優しい枕

自然な寝姿勢
枕の中身が片寄らない構造なので、首を優しくしっかりと支えることができます。
正しい寝姿勢を保つので、ストレートネックや猫背の姿勢になりません。

抜群のフィット感
寝姿勢が変わっても、枕と首の間に隙間ができないように中身が動くので、抜群のフィット感が得られます。

圧迫感がない
首を圧迫しないので、タオル・バスタオルを代用している方でも安心して使えます。

高さ調節7段階
枕の高さを七段階に調節できるので、幼児も大人も使用できます。

優れた耐久性
10年以上も使用できる高品質な綿100%の生地と中材を採用。


構造が違う! 理論が違う!
 頸椎保護枕、頚椎保護枕

   頚椎保護枕・頸椎保護枕
枕本体が平らに見えるのは、写真写りが良くなる様に平らにしたためで、実際に使用した場合は、枕に頭と首の形ができます。この時の形はパイプ枕の様に片寄ることはなく、正しい姿勢になります。

販売価格 33,000円(税込) (本体価格30,000円 税3,000円) 
頸椎保護枕本体には、枕カバー1枚、高さ調節用のソフトタイプのウレタンと、ハードタイプのウレタンが各一式付属されています。  
枕本体側生地 綿100% 
サイズ 約縦36×横56×高さ3〜12cm 
中材 ポリエチレンパイプ、ウレタンフォーム
枕本体をご注文の場合、送料、代金引換手数料は無料。



お知らせ 


頸椎保護枕の枕カバー・ピロケース
 

枕カバー生地 綿100% 生成り
サイズ 43cm×68cm
枕本体、及び、枕カバーの色は、予告なしに変更する場合があります。

枕カバーのサイズについて

頚椎保護枕に付属の枕カバー・予備の枕カバーは洗濯後の収縮を考慮し、かなり大きめに作っていますが、縦43p×横63p、或いはそれ以上のサイズであれば代用できます。

頸椎保護枕の高さ調節用ウレタン頸椎保護枕本体には高さ調節用のソフトタイプのウレタン3枚と、ハードタイプのウレタン3枚(合計6枚)が付属されています。
ソフトタイプのウレタンが低く感じたり、軟らかすぎると感じた場合は、ハードタイプのウレタンをご使用ください。
又、ソフトタイプのウレタンだけでは軟らかく感じ、ハードタイプのウレタンだけでは硬く感じる場合は、ソフトタイプとハードタイプを組み合わせてご使用ください。


枕本体(枕カバー1枚、ウレタンセットソフトタイプ、ハードタイプ各一式付属) 33,000円(税込)
予備の枕カバー  1,100円(税込)
枕本体をご注文の場合、送料、代金引換手数料は無料。
予備の枕カバーのみのご注文の場合、送料(実費)及び代金引換手数料をご負担ください。

より正確に頭と首の形通りに窪むことができる枕ほど、圧迫感がありません。
質の高い睡眠は、免疫力を高めます。

 頚椎保護枕・頸椎保護枕



頚椎保護枕が優しい理由

従来の枕に潜む重大な欠陥

溝にあるポリエチレンパイプは、頭をのせても枕の縁が潰れない(片寄らない)ように適度の高さを維持する。
何故なら、溝から溝までは仕切られていないため、頭の大きさや形、首の長さや太さ、仰臥位、横臥位に拘らず、その時の状態に合わせてポリエチレンパイプが移動するが、頭をのせた状態でウレタンフォームの高さより低い位置にあるポリエチレンパイプは上部へ移動しないからである。
この時の枕の形状は、頭部と頸部(首)の形状と同一になる。

   

【溝】の役目
枕の縁を潰さずに、使用する人に合った適度の高さを維持しながら、常に頭部、頸部(首)の凹凸に合わせて中材が動くようにする。
頭が動いても常に頭部、頸部の形通り窪むので、↑↓の範囲に圧迫感(反発)が無い。
このことは枕から頭をそっと外した時、↑↓の部分に頭部と頸部の正確な窪みが残ることで証明できる。
首は円柱のような形なので、足の方向から枕を見ると(ロ)のように窪む。
(ロ)の窪みは横から見ると(A)の地点を頂点としたもので、肩の方向から上昇し、頂点(A)から下降するもので(イ)と同じ曲線を描く。
この窪みは非常に複雑な形状をしているが、寝姿勢が変われば窪みの形状も変わる。

パイプ枕のゴツゴツした硬さが苦手な方へ
頚椎保護枕にはポリエチレンパイプを使用していますが、従来の枕とは異なった構造(中材が片寄らず、しっかりと優しく支える構造)をしているため、素材のゴツゴツした硬さを全く感じさせない不思議な使用感を味わうことができます。

頚椎保護枕は従来の枕とは対照的に、使うほど手放すことのできない宝物のような存在になります。

 頸椎保護枕・頚椎保護枕  頸椎保護枕・頚椎保護枕  枕と枕カバー



従来の枕は頭の動きと共に中材が片寄り、枕の縁が潰れたような状態になるため、頸部をしっかりと支えることができない不自然な姿勢になります。

低反発枕、羽根枕、ポリエステル綿枕は素材が移動しないため、片寄ることが無いように錯覚しがちですが、素材が動かないこと自体が既に片寄ったことになります。

 頸椎保護枕・頚椎保護枕

枕に使用しているウレタン 

枕の耐久性 

高さ調節の方法 

最適な高さの割り出し方 

枕本体の洗濯について 

仰臥位と横臥位を両立させる方法 

使用上の注意