本文へスキップ
枕が硬く感じるのは、素材が原因ではない
一般的に、そば殻枕、パイプ枕、ヒノキ枕等は硬く感じ、ウレタン枕、羽根枕、ポリエステル枕等は軟らかく感じると考えられています。
しかし、そば殻枕等が硬く感じるのは素材自体の硬さだけでなく、他にも原因があります。

そば殻枕等は構造に何の工夫も無いため、頭の動きとともに中材が偏ってしまいます。
しかも、主に首の当たる部分が偏るため首をしっかりと支えることができなくなり、猫背のような姿勢になります。
素材自体の硬さに、首を折り曲げるような力が加わり、更に点で支える状態となるため一層硬く感じます。

頚椎保護枕にもパイプ(ポリエチレンパイプ)を使用していますが、従来の枕とは異なった構造 (中材が偏らず、優しくしっかり支える構造)を持つため、パイプのゴツゴツした硬さを感じさせない独特の使用感を味わうことができます。

低反発枕、羽根枕、ポリエステル枕のようにソフトな感触の素材を使用した枕でも、素材の圧縮だけを利用してフィットさせるタイプの枕の場合、素材の元に戻ろうとする力が働くため頸部(首)が圧迫されます。
素材が劣化して元に戻らない状態になった場合も、素材が偏った時と同じように頸部を支えることができなくなります。

素材の元に戻る力=素材の偏り=反発、圧迫
素材自体の硬さより、素材が偏った時の反発力(圧迫)の方が硬く感じます。

枕のページ先頭へ 

まくらで悩む人なら理解、納得できる枕

頚椎保護枕・商品のご案内

足枕で足のむくみ、疲れ、痛みを解消。かかと、足首にも効果的。

枕・お客様の声T

枕・お客様の声U

枕・お客様の声V

枕・お客様の声W

枕・お客様の声X

危険なストレートネックは枕で直す

病を作る低反発枕の正体

枕のオーダーメイドは、単なるパフォーマンスにすぎない。

頚椎症、頚椎ヘルニアは枕を見直せ

枕で肩こりを発症する恐るべき事実。

枕・ご注文、お問い合せ

頭痛、片頭痛・偏頭痛は枕が原因の場合もある

頚椎保護枕が優しい理由

従来の枕に潜む重大な欠陥

優しい枕の選び方

姿勢の悪い人が頚椎保護枕を使う場合

玄関マット・タオルケット枕・座布団枕との決定的な違い

危険な枕・タオル枕・バスタオル枕

枕の素材

枕とマイナスイオン・マイナスイオンのまやかし

枕の高さについて

枕の理論・真実を語る枕

実際に試して買った枕が合わない理由

本当のフィット感を体感できる枕

枕の硬さ

高反発枕の強烈な反発力

頸椎保護枕・使用後の返品ができない理由

頚椎保護枕・お知らせ