本文へスキップ
ホーム 枕と病気  枕の基礎知識 商品について 体験談

従来の枕を、その場で試しても意味がない


デパート等で実際に色々な枕を試し、納得したはずの枕が合わなかったという例は非常に多いようです。

その理由は、実際に枕を試すといっても精々1〜2分、長くても5分程度ではないでしょうか。
その場で何時間も試す人は先ずいません。
短時間で正確な判断をすることができないために、このような事態を招きます。

従来の全ての枕は、悪い枕です。
悪い枕を次々と試しても不本意な結果が出るのは当然の事です。

一度でも本物の枕を体感すれば、それが基本のデーターとして記憶されます。
その基本となるデーターに基づいて判断すれば良いので、僅か数秒試しただけでも正確に枕の良し悪しが分かるようになります。

このことは枕に限ったことではなく、食べ物、靴など他の分野でも同じことではないでしょうか。

使用する敷布団またはベッドによっても枕の感じ方は違います。
実際に使用している敷布団またはベッドをデパートに持参した上で、購入したい枕を試さなければ正確な判断はできません。